クラッカー侵入を防ぐキーマン

セキュリティ部門の無くてはならない存在!醍醐味と活躍場所とは

仕事で興味を感じる点

インターネットやLANなど通信ネットワークが普及し、遠隔地同士の通信が便利になった。しかし一方で、セキュリティ面でのリスクが増大している。悪意あるクラッキング行為が横行するようになり、高いセキュリティ技術が必要となった。重要な情報を記録したサーバーにクラッカーが侵入したために、重要な情報が漏洩したり、あるいは破壊されるケースも珍しくない。そこでセキュリティエンジニアの存在が重要視されている。通信ネットワークの安全を守るエンジニアは、情報漏洩などトラブルを防ぐ役割を果たす。セキュリティを守るエンジニアが担う責任は重大であり、プレッシャーがかかる。

しかしその一方で、セキュリティエンジニアの仕事には面白い要素もある。そのため、プレッシャーある仕事であっても、この求人に応募するエンジニアは多い。セキュリティを破ろうとする犯罪者との知恵比べは、エンジニアにとって興味がある。クラッキングの手口は年々巧妙化していて、破壊活動を阻止するためにより高度なセキュリティ技術を必要とする。しかしセキュリティを守るためのハードルが高いからこそ、技術者として仕事にやりがいも感じられる。クラッカーとセキュリティエンジニアは、通信ネットワークの中で攻める側と守る側の立場は違っていても、互いにセキュリティ技術に興味を持つ技術者である。通信技術の業界では、かつてクラッカーとして活動していた人物が、今度はセキュリティ方面のエンジニアに転向する事も珍しくない。

Comment

*